Beatzcoin まとめと最新情報 (2020/4/03)

最近Beatzcoinに動きがありましたので紹介させて頂きます。

私はプロジェクト開始前から情報を追っています。日本人でBeatzcoinについての情報発信しているのは私くらいなものでしょう。笑

Beatzcoinの情報を発信するためにツイッターとYouTubeとブログをはじめました。

最新情報と今までの記事を以下にまとめてみました。

  • ①Beatzcoinとは
  • ②VibraVidとは
  • ③YouTubeとVibraVid
  • ④Beatzcoinの取り扱い市場とトロンウオレット
  • ⑤beatzcoin最新情報

①Beatzcoinとは

BeatzcoinはVibraVidという分散型デジタルコンテンツプラットフォームで利用される暗号資産です。

Beatzcoinとは

Beatzcoinはアーティストを救うのが目的であり、あのジョンマカフィーがアドバイザー

Beatzcoin 日本語で解説されています。

②VibraVidとは

VibraVidは分散型デジタルコンテンツプラットフォームです。

Vibravidプラットホームってご存知ですか?

VibraVidプラットフォームのアップグレード完了

③YouTubeとVibraVid

YouTubeもVibraVidはどちらもデジタルコンテンツプラットフォームです。その違いは中央集権か分散型かの違いです。

YouTube規約更新(12月10日)からVibraVidの時代へ

VibraVid にチャンネル登録者10万人の超大物YouTuberが参入してきました。

VibraVidにまたまた大物YouTuber参入!②実際にbeatzcoinが入る過程紹介します。

④Beatzcoinの取り扱い市場とトロンウオレット

まだ、日本の暗号資産取引所には上場されておりません。以下の情報に変化がありましたので、最新情報パートをご確認ください。

Beatzcoin11月29日 ABCC Exchangeへ新規上場決定。

McAfeeDEXにbeatzcoin 含むTRXトークン上場

引用 公式ツイッターより

⑤beatzcoin最新情報

最新情報の収集はBeatzcoin運営や公式ツイッター、テレグラムなどの情報がメインです。

今回の情報としては、①前項で紹介したABCC取引所の情報廃止と②NoLEXCHANGへの新規上場です。

暗号資産は上場や上場廃止のリスクがあります。

以下にABCC上場廃止についての情報を掲載しています。早急に口座から移動することを求めています。

日本国内から取引不可の暗号資産取引所なので、日本人居住者への影響はほとんどないと思われます。

VibraVidプラットフォームにも財布があり送金することやトロンウオレットにもBeatzcoin保管場所があります

引用 公式ツイッターより
引用 公式ツイッターより

かなり、早い上場廃止スケジュールのようです。

4月30日までの引き出しが必要のようです。暗号資産はこういう事例が良くあるので、最新情報を常に追っていないと、大きな損失に繋がります。

引用 Reddit記事より
引用 公式ツイッターより

また、逆に上場する取引所の発表もありました。

この取引所についての情報はこれから収集していこうと思いますが、日本人にはあまりなじみのない取引所ではないかと思います。

NoleXchangeです

引用 公式ツイッターより

以下に私のYouTubeもBeatzcoinを普及させる目的でつくりました。最近は更新しておりません。

https://www.youtube.com/channel/UChwn7Cq4NkYjZQqd_wpdFGA
引用  https://www.youtube.com/channel/UChwn7Cq4NkYjZQqd_wpdFGA

https://www.youtube.com/channel/UChwn7Cq4NkYjZQqd_wpdFGA

これから何年かかるかわかりませんが、プロジェクトは順調に進んでおります。この記事も数年後に読まれるのではないかと希望をもちながら書いています。

多くの方にこのプロジェクトのすばらしさをお伝えできればと願っております。

本日はご購読ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です