Beatzcoin最新情報 2020年5月31日

昨日(5/30)にBeatzcoin公式テレグラムより発表された資料を添付します。

内容

  • ①コンテンツクリエイターの課題
  • ②解決方法
  • ③Beatzcoinが目指すもの
  • ④Beatzcoinの現況、ビジネスモデル
  • ⑤Beatzcoin開発ロードマップ
  • ⑥競合分析
  • ⑦Beatzcoinコミュティ

①コンテンツクリエイターの課題

Beatzcoinはコンテンツクリエイターの課題を解決する事を目的として開発開始された暗号資産です。

オンラインストリーミングの発達により、CDが売れない時代になっています。

収益性の課題があります。また、オンラインコンテンツを視聴する側のインセンティブもありません。

著作権保護の問題もあります。

引用 Beatzcoin公式テレグラム発表資料より

②解決方法

VibraVidプラットフォームを利用した、コンテンツクリエイターの保護が一つの解決策です。

ブロックチェーン技術を活用することにより、中央集権型の情報発信から、分散型プラットフォームへの転換が可能になりました。

引用 Beatzcoin公式テレグラム発表資料より

③Beatzcoinが目指すもの

VibraVidプラットフォームを活用することにより、コンテンツクリエイターは直接視聴者から収益を上がることが可能になり、約95%の利益確保が可能になりました。

いわゆる中間搾取される中央集権型のコンテンツプラットフォームとの大きな違いになります。

また、非中央主権であるが故に、主催者側の意図でコンテンツ削除や検閲されることがなくなります。

より自由なデジタルコンテンツクリエイターの保護と発展が期待できます。

引用 Beatzcoin公式テレグラム発表資料より

④Beatzcoinの現況、ビジネスモデル

2019年9月29日にVibraVidプラットフォームがオープンになり、2020年4月20日の段階で登録者6000人、アップロード数2000件達成。

Beatzcoiは1662535トランザクション、21249ホルダーが誕生しました。

そのホルダーの中に私もいます。

インターフェイスも改良を重ねており、使いやすさの追究をしています。

引用 Beatzcoin公式テレグラム発表資料より
引用 Beatzcoin公式テレグラム発表資料より
引用 Beatzcoin公式テレグラム発表資料より
引用 Beatzcoin公式テレグラム発表資料より

⑤Beatzcoin開発ロードマップ

開発ロードマップについては、この数年間で完成形に近づいています。

現在まで順調に進んでいます。

IEOした暗号資産でも、実際にはプロジェクトが幻想のこおtが多いですが、このプロジェクトはIEO 開始時点で既にプラットフォームプロダクトがある状況でした。

引用 Beatzcoin公式テレグラム発表資料より

⑥競合分析

競合はズバリYouTubeです。またデジタルコンテンツプラットフォームは競合になります。

以下の比較表がこのVibraVidプラットフォームの競合優位性を示しているものです。

引用 Beatzcoin公式テレグラム発表資料より

⑦Beatzcoinコミュティ

現在まだ、上場している取引所が少ないです。

逆に考えると、今後の上場で全世界に注目されていく可能性があります。

コミュニティグループは全世界各地にコミュニティグループがあります。テレグラムグループがメインです。

ソーシャルメディアへの露出も今後強化していく模様です。

引用 Beatzcoin公式テレグラム発表資料より

残念ながら日本にはBeatzcoinコミュニティがありません。

世界に比べると情報発信する人がおらず、普及にはまだ時間がかかりそうです。

実際にブログ書いたり、情報発信しているのは私ぐらい?

また、最新情報があればご紹介させて頂きたいと思います。

本日もご購読頂きありがとうございます。

おすすめ通信制大学 サイバー大学

サイバー大学

今、サイバー大学をお勧めする理由

  • ①通信制学習の環境整備
  • ②大学卒の必要性
  • ③働きながら大学卒資格取得可能
  • ④今なら入学金無料 タブレット端末無料

① 通信制学習の環境整備

日本初!通学不要のネット大学

昔は通信制というと少し劣るというイメージがありました。通学制に比べて評価が低く、学習レベルに課題がありました。しかし、新型コロナウイルスの影響でオンライン授業が普通に行われつつあり、またその授業効果についても変わりがないと考えられ始めています。

オンライン授業や会議のシステムの普及が促進されて、オンラインでの授業についての理解が高まっています。

無理して遠隔地から東京などの大都市へ下宿し、アルバイトし、収入がある人しかできなかったことが通信制ならその負担を軽減できます。

②大学卒の必要性

学歴なんて関係ない!という声は多くあります。大学卒業してるからって頭の切れや、人間関係、コミュニケーション能力、仕事能力が低い人も多くおられます。

確かに自営をしたり、商売をする意味では学歴は必要ありません。しかし、独立するスキルがなかったり、企業に入社しようと考えるとどうでしょう?

雇われるつもりでいるのならば学歴が必要です。学歴というか大学卒の資格です。この資格がないと入社試験さえ受けさせてもらえないのです。

やりたい仕事に就くために必要なのです。

何らかの家庭の事情や18歳になるまでに勉強できる環境やお金がなく、やむなく大学に行けなかったとしても、やり直す機会があります。それが通信制大学です。

大学卒を持っていない事を環境のせいにはできません。

学歴は大学名ではなくて、あくまでも学習歴ですね。

③働きながら大学卒資格取得可能

過半数が働きながら学ぶ社会人!サイバー大学

サイバー大学なら、会社の人や同僚などに知られることなく大学卒業の資格を得ることが可能です。

転職をするにしても、大学卒の資格があれば応募企業の枠が広がります。

さらに、働きながら取得することの意味があります。向上心の高さがわかるからです。

働きながら勉強することの大変さを企業担当者はわかります。その苦労がわかるのです。

しかもサイバー大学であれば、一度も大学に通学せずに卒業できます。これは素晴らしいと思います。約6割の学生が社会人であるとのことです。

引用 公式ホームぺージより
引用 公式ホームぺージより
バレずにこっそり大卒資格取得!

④今なら入学金無料 タブレット端末無料

日本初!通学不要のネット大学

6月18日(2020年)までの申し込みであれば入学金も無料キャンペーンをやられています。

しかもオンラインで利用するタブレット端末も無料でもらえます。これはいいと思います。

勉強する環境が整っていますね。

引用 公式ホームぺージより
サイバー大学

以上、サイバー大学の魅力をお伝えしましたが、やはり大学卒の資格は大切です。

社会人でも、さらに良い仕事を求めている人、さらに向上したいと思う人におすすめです。

私も社会人でありながら大学院、それも博士号取得するまで頑張りました。ですので社会人で勉強することの大変さもよく知っています。つらいことも多くあります。

自分が頑張るしかないのです。自分の道は自分で切り開かないといけません。

もし、サイバー大学を卒業することが出来たなら、さらに通信制の大学院もあります。大学の先生を目指すことだって可能です。

少しでも気になったら資料請求されてみてはいかがでしょうか?以下からホームページへリンクしています。

日本初!通学不要のネット大学

暗号資産取引所 Liquid 金融庁登録済 仮想通貨交換業者(関東財務局長 第00002号)

QUOINEX Liquid by QUOINEの公式サイトはこちら

暗号資産取引所 Liquidをおすすめする理由

暗号資産取引所に求められるのは安全性が第一です。コインチェックやマウントゴックス事件のようにハッキングを受けて資産流出が最も不安要素の一つだからです。

現在までそういう事故が起きておらず、セキュリティ面で安心できる取引所の一つがこのLiquidでしょう。

また、各種手数料が無料というのも選択の大きな理由です。

あと、通常暗号資産取引所の利益の一つが暗号資産の売買差益です。買いの値段と売りの値段の差(スプレッド)によって収益を上げる仕組になっています。

そのスプレッド(売買差)が大きいと、ユーザーは暗号資産を売買するごとに資産を減らすことになります。そのスプレッドが業界の中でも低水準な点もおすすめできる点です。


1)豊富な通貨ペア数(現物取引34通貨ペア・レバレッジ取引12通貨ペア)
2)現物取引手数料無料、レバレッジ取引手数料0.025%
3)スマホ専用アプリでいつでもどこでも取引可能(iPhone、Android)
4)0.001BTCから取引可能・レバレッジは最大25倍
5)大口トレーダーも大満足の流動性・発注数量、保有建玉量(それぞれ制限はあり)

Liquid by QUOINEの公式サイトはこちら
引用 公式ホームページより https://www.liquid.com/ja/
引用 公式ホームページより https://www.liquid.com/ja/
Liquid by QUOINEの公式サイトはこちら
引用 公式ホームページより https://www.liquid.com/ja/
Liquid by QUOINEの公式サイトはこちら
引用 公式ホームページより https://www.liquid.com/ja/
Liquid by QUOINEの公式サイトはこちら QUOINEX Liquid by QUOINEの公式サイトはこちら

ビットコインのマイニング半減期も無事終わり、暗号資産への注目度が高まってきています。

暗号資産を欲しいと思っても、すぐ購入できるものではありません。ブームが再来しようとしている今、口座開設をしておくことが大切と思います。

口座開設には承認時間がかかりますので、早めの開設が良いと思います。

2017年のバブル開始時期に各暗号資産取引所がCMを開始すると、口座開設希望が殺到して開設が間に合わなかった方が多くおられます。また、同様の波が来ており、今月(2020年5月)よりビットフライヤーのCMも二年ぶりに開始されました。

ブームが来る前の口座開設をお勧めします!

Liquid by QUOINEの公式サイトはこちら Liquid by QUOINEの公式サイトはこちら