TRONUPDATE トロンについての日本最大のコミュニティー

今トロンの情報を収集しようとすると、必ずといっていいほどこのコミュニティーにたどり着きます。

ーTRONUPDATEー

http://tronupdate.com

引用 http://tronupdate.comより

2017年から2018年初頭にかけてトロンの価格が高騰し、バブルの様相をしておりました。

その当時は掲示板やブログ等にトロンについての記事が溢れていました。しかしながら、その後トロンの価格は下落を続け、投資家の興味が薄れていきました。

価格が下がると、トロンを恨む人や、トロンの創始者に対する逆恨みで離れていく方々がいっぱいおられたと思います。今も価格が低迷していることにより、正確な情報発信をし続けている人が居なくなりました。

その厳しい環境下においても日本で普及活動を続けているのがTRONUPDATEのヒロさんです。

YouTubeでの情報発信をされており、また、公式ブログも始められました。さらにdiscordを利用したコミュニティー形成にも力をいれておられます。

トロンファミリーの中で、私は特にBeatzcoinについての情報発信をブログで始め、おそらく日本でBeatzcoinについての記事を書いているのは数人しかいないと現時点では思います。

理由としては、日本で上場しておらず、海外の取引所に上場しておりますが、日本人が購入できない事でしょう。

日本人でBeatzcoin保有者がほとんどいないので、インフルエンサーが育成されていかないのです。

私は幸運なことに購入できました。(笑)

TRONUPDATEホームページの中のBeatzcoin特設ページが以下です。

TRONUPDATETRONUPDATE
引用 http://tronupdate.comよりTRONUPDATETRONUPDATE

その特設ページ内に私のブログとBeatzcoinにかける想いについてのコメントを掲載してくださいました。

以下記載ページです。

引用 http://tronupdate.comより

以下、トロンアップデートヒロさんのYouTubeです。

すみません、YouTubeのリンク貼り方わからず引用先未記入です。

検索でtronupdateで調べてください。

とにかくトロン情報が豊富ですので、サイト登録とYouTubeの登録をしてください。

将来は期待できる暗号資産であるのは間違いありません。

本日もご購読いただき有難うございました。

TronWallet(トロンウオレット)があれば暗号資産取引所が不要になるかも?

今日本の暗号資産取引所の経営が非常に厳しい状況になっていると言われています。2019年度の決算報告書を見るとほとんどの暗号資産取引所が大きな赤字を抱えているとのことです。

TronWallet(トロンウオレット)を利用すると暗号資産取引所を介さずに暗号資産取引が可能になります。

著者 撮影 福岡空港より

TronWallet公式ホームページより発表されている資料をもとにご紹介させていただきたいと思います。

従来よりウォレット内でトロン派生のトークンを売買する事が出来ていました。

ウオレット内でbeatzcoin等の購入が出来ました。(beatzcoin についての情報は私のブログ内記事をご参照ください。)

今まではトロンベースでの変換や売買のみしか出来なかったのですが、年明けよりさらにウオレットの機能が向上しました!

何と、ウオレット内にビットコインが追加されたのです。

これはとてつもなく利便性が向上すると思います。

わざわざバイナンスやらコインチェックなどを経由せずにビットコイン保有や、売買、送金が可能になるのです。

以下トロンウオレット公式発表より利用方法を紹介させて頂きたいと思います。

引用 https://medium.com/@tronwallet/how-to-swap-bitcoin-trx-based-tokens-on-tronwallet-402fc58e56f7

暗号資産同士の売買というか、swapという表現をされています。暗号資産同士の交換という意味でしょうか。

Swapの手順を5段回に分けて説明されています。

引用 https://medium.com/@tronwallet/how-to-swap-bitcoin-trx-based-tokens-on-tronwallet-402fc58e56f7

Step1にてswapタブをクリックして

Step2にてSwapするトークンを選択します。

引用 https://medium.com/@tronwallet/how-to-swap-bitcoin-trx-based-tokens-on-tronwallet-402fc58e56f7

Step3にて交換するトークンの合計枚数を入力します。

Step4にて着金する口座アドレスを選択します。

引用 https://medium.com/@tronwallet/how-to-swap-bitcoin-trx-based-tokens-on-tronwallet-402fc58e56f7

Step5にて交換したトークンを受け取り確認します。

この5Stepで完了します。

とても簡便ではないでしょうか?

引用 https://medium.com/@tronwallet/how-to-swap-bitcoin-trx-based-tokens-on-tronwallet-402fc58e56f7

トロンウオレットは分散型取引所としての機能が備わっていると言えると思います。

今まではトロン派生のトークンのみであったため、トロン保有者でないと利用価値がありませんでした。

しかしながら、今回ビットコインも利用出来ることにより、利便性や汎用性が格段に向上出来たと思います。

暗号資産決済にも対応しているので、今後の普及が楽しみになってきました。

トロンの取引量は暗号資産の中でもトップ3にはいる暗号資産です。

トロンウオレットはApple Storeでダウンロード出来ます。

これはすごい展開ですね。

以上、トロンウオレットの最新情報を記事にさせて頂きました。

ご参考にして頂けたら幸いです。

ご購読有難うございました。

暗号資産取引量比較 BTC,XRP,ETH,XEM,ADA,TRX

暗号資産銘柄比較の切り口は様々ありますが、今回は取引量という切り口で見てみたいと思います。

上記銘柄の中で市場に出た順番で言うと最も遅く上市されたのはTRXトロンです。

引用 https://coinmetrics.io/charts/#assets=btc,xem,xrp,trx,eth,ada_left=TxCnt_zoom=1227462674295.2283,1562034090423.9094より著者改編

coinmetrixのホーページから上記データーを見る事が出来ます。

見てみたいコインをクリックして簡単に取引量の推移を確認する事が出来ます。

TRXの驚異的な取引量の増加が見て取れます。世界一の取引量です。TRX→XRP→ETH→BTC→XEM→ADAの順位です。

あくまでも取引量評価です。

TRXは独自ネットワークを構築し、分散型アプリケーションも豊富であり、TRX派生のトークンも2800種類以上誕生しています。

つまり、実際にTRXが利用されるケースが急増している事の現れであると思います。

ビットコインは基軸通貨としての役割があります。しかしながら取引承認の性質上送金詰まりが起こり遅延の可能性があります。リップルは国際送金がメインの役割であり、ユースケースとしてはこれから期待されるところでしょう。イーサリアム、ネムも今後ユースケースが増えてくると思われます。

現段階で実際に利用されている「実需」という面ではTRXトロンが一歩進んでいるのではないでしょうか?

暗号資産は利用者が多いほど、開発も進みますし、利用者増加も期待出来ると思います。時価総額が高くても利用されないコインは意味がありません。

多くの暗号資産が生まれています。生き残る暗号資産は何か?

一つの解答としては取引量の多い、実需のあるコインは必ず残るでしょう。

引用 https://coinmetrics.io/charts/#assets=btc,xem,xrp,trx,eth,ada,bch,ltc,etc,dash,pivx,zec,xlm,gas,neo,dcr,xtz,lsk,grin,mkr,bsv,dgb,xvg,usdteth,vtc,maid,leoeos,btg,leoeth,usdt,xmr,doge,waves,bnbmainnet,eos_left=TxCnt_zoom=1227462674295.2283,1562034090423.9094

再度チェックできる通貨全部確認しましたら、ナンバー1はEOSでした。

本日もご購読有難うございました。

PoloniexがTRXMarketを買収しPoloniDEX立ち上げを発表

先日、PoloniexにTRXが上場すると記事に書きましたが、さらに本日PoloniDEXが誕生する事が判明しました。

トロン創始者のジャスティンサン氏の公式ツイッターより分散型取引所としてpolonidexを開始する事が発表されました。

著者撮影 九州の空
引用 ジャスティンサン氏のツイートより

ジャスティンサン氏はトロンネットワークの拡大を推し進めており、今回の分散型取引所の主軸通貨としてトロンが利用されること、さらにトロン発生のトークが随時上場されていく可能性が出てきたと思います。

トロン派生のトークンは2000枚以上あり、この中でも将来性のあるトークンが選ばれて上場されていくものと思われます。

また、poloniex公式Twitterより今回の分散型取引所についての計画も発表されています。

引用 poloniex公式ツイッターより

この発表により、トロンネットワークのさらなる拡大と、トロン派生のトークン開発のスピードも高速化されていくと予想されます。

トロン派生のトークンの中でもbeatzcoinに注目しています。

明日(11/29)にABCC取引所上場予定しています。

上場前日のbeatzcoin チャートですが、上昇傾向にあります。上場後どのように動きを見せるのか楽しみです。

引用 著者撮影 probitチャート画面より

Beatzcoinは既に実需が期待できるコインなので、今後トロンファミリーの中でも有望な銘柄の一つです。

今後分散型取引所にも上場されると思いますので、さらに普及が進むでしょう。

まだbeatzcoin保有者は少ないので、購入のチャンスかもしれません。

個人的な見解ですが、、、、。

本日もご購読頂きまして誠に有難うございました。

TRXトロンは中国国内において、最も人気のあるパブリックチェーンとして中国のCOINVOICEより表彰されました。

引用 ジャスティンサン氏 ツイッターより

TRXトロン創設者ジャスティンサン氏によると中国の暗号資産メディアであるCOINVOICEより最も人気のあるパブリックチェーンとして選ばれたという事らしいです。

引用 ジャスティンサン氏 ツイッターより

中国の規制の動きによって暗号資産の価格が暴騰、暴落を繰り返している状況が続いています。

中国政府はブロックチェーンを推進する方向で、世界の覇権をとるつもりなのでしょうか?

もし、そうだとすると中国発のブロックチェーンであるトロンはとても有望であると言えます。

ジャスティン氏は中国出身で北京大学を卒業しています。また、アリババのジャックマーが創設した大学の一期生でもあります。

中国はブロックチェーン技術と暗号資産を分けて考えている所があり、ブロックチェーン技術は推進し暗号資産そのものは否定している感じを持っています。

その、環境の中でもトロンが評価されている事は素晴らしいと言えます。

トロン人気の理由

トロンの人気は、トロンネットワーク派生のトークンが豊富である事が理由の一つでしょう。

トロンネットワークにおける、トロンを含むトロン派生のトークンについては以下のトロンスキャンというページにて、どの口座がどれだけの量のトークンを保有しているのかわかるようになっています。

引用 https://tronscan.org/#/より
引用 https://tronscan.org/#/より

トロンスキャンによると、トロンネットワークから2593ものトークンが誕生していることがわかります。

つまり、トロン一つの暗号資産だけではなく、2593ものトークン開発者やそれに関わる投資家や保有者がいるという事になります。

それらの取引量を総合すると、世界一の取引量になっている事の証拠とも言えるでしょう。支える人がとてつもなくいっぱい居る。

トロンの魅力についてこれからも発信していきたいと思います。

本日もご購読下さいまして誠にありがとうございます。

TRX トロントランザクション数ナンバー1 暗号資産大学ヒロさんのyoutubeより

TRXトロンにおける日本のインフルエンサーの暗号資産大学のヒロさんの動画がアップされています。

トロンを含め暗号資産についての情報発信で精力的に活動されている方です。

毎週日曜日の夜にトロンを中心とした暗号資産投資家向けのライブ中継をされています。私もよく参加させて頂いており、参加メンバーも暗号資産について詳しい方々ばかりです。是非ご興味ある方は参加してみてはいかがでしょうか?

引用 https://youtu.be/jmzmLFCSi3A 暗号資産大学YouTubeより

今回の動画では、とても興味深い情報発信されていました。

以下のグラフを示して、トロンのトランザクションいわゆる取引量の比較を先行のビットコインとイーサリアムとの比較を紹介されています。

引用 https://youtu.be/jmzmLFCSi3A 暗号資産大学YouTubeより

このトランザクション数の変化を見てください。

  • 赤がビットコイン
  • 紫がイーサリアム
  • 青がトロン

トロンが最も新しい暗号資産なわけですが、急激な立ち上がりでなんと取引量世界一なんです。‼️

これはすごい事です。

トロンはイーサリアムトークンとして誕生して以来、独自チェーンに移行してネットワーク構築と分散型アプリケーションの開発を超スピードで進めてきました。

既にトロン派生のプロジェクトが数え切れないくらいスタートしています。そのため、トランザクション数が信じられないくらい増加しています。

しかもそのボリュームが増えていてもビットコインのような送金詰まりが全く起こっていません。

とても安定しているということであり、普及しても耐えーうる性能を持っていると言うことでしょう。

また、昨年に続き2020年初頭にはトロンサミットがソウルにて予定されています。

引用 https://medium.com/@TronFoundation/review-of-justin-suns-deck-on-nitron-summit-2019-4de24a728af9より

2019年はサンフランシスコでした。来年は韓国です。

トロンネットワークで開発している開発者、投資家など多くの参加者を迎える予定との事です。また、サプライズゲストも用意されているらしく、とても期待しています。

今年のサミットではBTTのエアドロップが発表されました。

ワクワクしながら待っていようと思います。

本日もご購読頂き誠に有難うございました。

是非暗号資産大学ヒロさんのYouTubeも是非登録してみて下さい。

とても勉強になります!

暗号資産時価総額ランキング2019年11月23日現在

ビットコインが下落傾向にあります。

ビットコインが下落することによって暗号資産時価総額ランキングにどのように影響しているのか確認したいと思います。

著者撮影 イチョウ

暗号資産の時価総額ランキングを見るにはコインマーケットキャップが最も信頼性が高く、多くの暗号資産取引する投資家に利用されているサイトになります。

暗号資産を始める方は是非参考にして欲しいと思います。

現在、世界中で取引されている暗号資産は6000種類以上あります。

その中で、上昇していく暗号資産を見つけていくのは至難の業です。宝探しに似ていると思います。

暗号資産の基軸通貨としての役割があるビットコインの価格下落に伴い、他の暗号資産との相関関係により価格が下落していく事が多くあります。

過去においてもビットコイン価格とその他アルトコインとの相関関係が高い状況が続いています。最近はXRPリップルはビットコインのチャートと連動しないのでは?との意見もありましたが、まだまだビットコインとの連動は続いています。

以下、コインマーケットキャップの情報をみて見ましょう。

引用 https://coinmarketcap.com/ja/

トップ16位までの暗号資産の時価総額ランキングを示しています。その中で24時間価格変動を見てみると2つのコインをのぞいてすべてマイナス成長で真っ赤な表示となっています。

6000枚あるうちの上位16以までのコインは生き残れる暗号資産であると予測しています。

暗号資産投資で安心して投資できるのはこれらメジャーコインだと思います。

ただ、一か八かの勝負に出るのならば、さらに時価総額下位の暗号資産を探すのもいいでしょう。

ただ、下位にあるということは評価されていない、知名度がないという現状があります。

いかに、知名度がない暗号資産の中で将来性のある暗号資産を探し出すリサーチ力が大切です。

因みに私はbeatzcoin を探し出しました。デジタルコンテンツクリエイターを救うプロジェクトです。

まだ3000位くらいで、かつ上場取引所がほとんどなくほとんど現在の価値が認められていない暗号資産です。

今、価値がなくても数年後評価される素質があると思い期待しています。

以下、直近のbeatzcoin 価格推移です。

引用 韓国probit取引所 beatzcoin チャートより

現在、ビットコインは下落傾向示しており、アルトコインも同様に下落しています。

逆に相場転換でビットコインの価格上昇とともに暗号資産全体が上昇局面になっていくと思います。

まだまだ暗号資産氷河期は続いておりますが、いつか雪解けすると信じて情報発信継続したいと思います。

本日もご購読ありがとうございました。

Healthport 医療業界のブロックチェーン

引用 healthportホームページより

医療業界のブロックチェーンとして誕生しました。

医療業界の抱える課題を解決するブロックチェーンとして開発されています。

healthportは暗号資産トロンのネットワーク上に誕生したものです。

患者が持つ診療情報をブロックチェーン上に記載することによって、病院が変わってもカルテの内容を見ることができるシステムを目指しています。

カルテの中には膨大な医療情報が入っています。特に画像など大変容量が重いデータがあるので、分散型技術はとても役に立つと考えられています。

Healthportトークンを利用することによって、医療業界の発展や、医療関係者だけではなくて、患者自身の快適な医療環境改善につながるものと思われます。

また、医療訴訟の点でも、情報が改ざんされないと言うことが安心につながるものと考えられます。

今のところ、Healthport正式な暗号資産取引場において上場していませんので、まだ購入することができません。しかしながら、トロンウォレトの分散型取引所においては、トロンを通じて購入することが可能です。

著者撮影トロンウォレト内 Healthportチャート

healthport公式テレグラムによると、メンテナンスのため10日間ホームページが閉じています。11月25日以降に再開する見込みのようです。

引用 healthport公式テレグラムより

Healthportについてはまだ情報がほとんどなく、公式のホームページが、公式のテレグラムグループの発表が頼りになっています。

Healthportについて情報がお持ちの方はぜひ教えていただければ幸いです。

医療情報のプラットフォームとしてとても期待できるブロック型になると予想しています。その中で利用できるHealthportは今後期待ができる暗号資産であると思っています。

本日もお読みいただきましてまことにありがとうございます。

DApps分散型アプリケーションの戦い

ブロックチェーンの魅力の一つがこの分散型アプリケーションの利用や活用でしょう。

暗号資産の中でもプラットフォームコインと言われるものがあります。

代表的なものがETH、EOS、TRXなどが有名です。

最も歴史があるのがETHイーサリアムです。2015年から利用され始め、イーサリアムを利用して多くのICO からトークンが生まれました。

このトークンの中にTRXトロンも含まれています。トロンはこのイーサリアムベースでICOされた後にsunnetworkとして独立したチェーンへの移行がされています。

EOSはイーサリアムと対抗する中国産のプラットフォームコインです。

分散型である事の意味は中央集権から非中央集権としてある一定の権力から引き離すことが出来る点でしょう。

分散型アプリケーションの情報は、dappradar.comより分散型アプリのランキングがリアルタイムで確認が出来ます。

以下のランキングを見て下さい。https://dappradar.com/rankingsより

引用 https://dappradar.com/rankings

上記ホームページにおいて、全分散型アプリケーションの利用者ランキングをリアルタイムで出しています。

トップ10で見ると

  • TRX6個ランクイン
  • ETH2個ランクイン
  • EOS2個ランクイン

TRXは非常に開発者が多く、分散型アプリの開発に力を入れています。2019年にはnittronサミットとしてトロン開発者を集めてカンファレンスを開催したくらいです。多くの参加者がサンフランシスコに集まり、その会場でBTTのエアドロップが発表された事でも有名です。

来年2020年はこのnittronサミットはソウルで行われる事が決定しており、特別スピーカーも招聘されれいるらしいです。

https://dappradar.com/rankings

また、分野別にもランキングを見てみましょう。引用 https://dappradar.com/rankings

引用 https://dappradar.com/rankings

@ゲームでは

  • ETH3個
  • TRX1個
  • EOS1個

@ギャンブルでは

  • TRX5個
  • ETH,EOS なし

@分散型取引所では

  • TRX3個
  • ETH1個
  • EOS1個

@マーケットプレイスでは

  • ETH5個

それぞれの強みが別れる所ですね。ゲーム、ギャンブルはTRXが強くて、マーケットプレイスではETHが強い。

まだまだ今後もそれぞれが開発を進めていくと思われますので、各暗号資産のポートフォリオにも変化があるかもしれません。

開発者が集まる事が重要で、処理速度の速さ、取引コストの安さ、安定性など、その暗号資産の性能が鍵になってきます。

個人的には性能面でTRXに期待しています。

本日もお読み頂き誠に有難うございました。

About Bittotrrent(BTT)

Bittorrent is a file sharing system that has been developed since 2001 and is used by many people.

Bittorrent ビットトレントは実は2001年から開発され、多くの方々に利用されているファイル共有システムです。

Bittorrents occupy a large part of Internet traffic.

インターネットのトラフィックの大きな部分をビットトレントが占めていたりします。

インターネットでのBitTorrentが占めるトラフィックに関する報告は複数ある。CableLabs(北米CATV業界の研究機関)はCATVの上りトラフィックの55%[2]、英国調査会社CacheLogicはインターネットのトラフィックの35%[3]、別の論文はブロードバンドトラフィックの18%[4]であると報告している。

引用 https://ja.wikipedia.org/wiki/BitTorrent

It started as a distributed file sharing system, but it was difficult to monetize because it was made possible by providing free storage for each user.

分散型のファイル共有システムとしてスタートしていましたが、各ユーザーの無償ストレージ提供で成り立っていた事もあり、収益化が難しい状況でした。

引用 公式ホームページhttps://www.bittorrent.com/btt/より

Both companies felt the benefits of combining monetization and crypto assets TRON, and Tron acquired BitTorrent in 2018.

収益化と暗号資産トロンとの融合メリットを両社が感じて2018年にトロンがビットトレントを買収しました。

The acquisition will lead to the success of the distributed application that TRON aims for.

買収することにより、トロンが目指す分散型アプリケーションの成功につながっていくと思います。

BitTorrent is used as a base system for video distribution such as TRON TV and beatzcoin.

トロンTVやbeatzcoinなどの動画配信の土台となるシステムとしてビットトレントが利用されています。

引用 公式ホームページhttps://www.bittorrent.com/btt/より

As described in the official website above, the merit of being distributed rather than centralized is the basis of this system.

中間搾取をなくし、プラットフォーム参加者にもメリットがある仕組み。A mechanism that eliminates intermediate exploitation and has advantages for platform participants.

上記公式ホームページにも記載があるように中央集権ではなく、分散型である事のメリットがこのシステムの根幹です。

I think it’s amazing that BitTorrent was already being developed and used almost ten years ago.

ビットコイン開発の10年近く前にビットトレントが既に開発され利用され始めていたことはすごい事だと思います。

引用 公式ホームページhttps://www.bittorrent.com/btt/より

Through the integration with TRON, TRON holders will receive BTT, a BitTorrent token, on the 11th of every month in the form of an air drop.

トロンとのー統合により、トロン保有者にはエアドロップという形で毎月11日にビットトレントトークンであるBTTが貰えます。

This BTT makes it possible to provide BTT tokens as rewards to file storage providers.

このBTTによりファイルストレージ提供者に対してもBTTトークンを報酬として提供することが可能となりました。

引用 https://www.bittorrent.com/btt/btt-docs/BitTorrent_(BTT)_White_Paper_v0.8.7_Feb_2019.pdf
ビットトレントホワイトペーパーより

The above is the cover of the latest Bittorrent white paper. As a pleasure to own a crypto asset, I think it is about predicting the future of the crypto asset. It is very mentally easier to envision a distant future because it is very tiring to feel irritated by the latest price movements.

上記が最新のビットトレントのホワイトペーパーの表紙です。暗号資産を保有す楽しみとして、その暗号資産の未来を予想することだと思います。直近の値動きで一喜一憂するのはとても疲れることなので、遠い未来を思い描く方がとても精神的に楽です。

For that purpose, information on the crypto asset is required.

そのためにはその暗号資産の情報が必要になります。

I think the crypto asset white paper is the most important information to see first. It’s hard to read because it’s mostly written in English (laughs)

その最初に見るべき情報は暗号資産ホワイトペーパーが最重要だと思います。ただ英語で書かれていることがほとんどなので読むの辛いですけど(笑)

If you have to study English, you will miss the times.

英語の勉強しなくちゃ時代に乗り遅れてしまいますねー泣

I have to do my best!

頑張らないと!

Thank you very much for reading today.

本日もお読み下さいまして誠に有難うございました。