Beatzcoin最新情報 2020年5月31日

QUOINEX

Liquid by QUOINEの公式サイトはこちら

昨日(5/30)にBeatzcoin公式テレグラムより発表された資料を添付します。

内容

  • ①コンテンツクリエイターの課題
  • ②解決方法
  • ③Beatzcoinが目指すもの
  • ④Beatzcoinの現況、ビジネスモデル
  • ⑤Beatzcoin開発ロードマップ
  • ⑥競合分析
  • ⑦Beatzcoinコミュティ

①コンテンツクリエイターの課題

Beatzcoinはコンテンツクリエイターの課題を解決する事を目的として開発開始された暗号資産です。

オンラインストリーミングの発達により、CDが売れない時代になっています。

収益性の課題があります。また、オンラインコンテンツを視聴する側のインセンティブもありません。

著作権保護の問題もあります。

引用 Beatzcoin公式テレグラム発表資料より

②解決方法

VibraVidプラットフォームを利用した、コンテンツクリエイターの保護が一つの解決策です。

ブロックチェーン技術を活用することにより、中央集権型の情報発信から、分散型プラットフォームへの転換が可能になりました。

引用 Beatzcoin公式テレグラム発表資料より

③Beatzcoinが目指すもの

VibraVidプラットフォームを活用することにより、コンテンツクリエイターは直接視聴者から収益を上がることが可能になり、約95%の利益確保が可能になりました。

いわゆる中間搾取される中央集権型のコンテンツプラットフォームとの大きな違いになります。

また、非中央主権であるが故に、主催者側の意図でコンテンツ削除や検閲されることがなくなります。

より自由なデジタルコンテンツクリエイターの保護と発展が期待できます。

引用 Beatzcoin公式テレグラム発表資料より

④Beatzcoinの現況、ビジネスモデル

2019年9月29日にVibraVidプラットフォームがオープンになり、2020年4月20日の段階で登録者6000人、アップロード数2000件達成。

Beatzcoiは1662535トランザクション、21249ホルダーが誕生しました。

そのホルダーの中に私もいます。

インターフェイスも改良を重ねており、使いやすさの追究をしています。

引用 Beatzcoin公式テレグラム発表資料より
引用 Beatzcoin公式テレグラム発表資料より
引用 Beatzcoin公式テレグラム発表資料より
引用 Beatzcoin公式テレグラム発表資料より

⑤Beatzcoin開発ロードマップ

開発ロードマップについては、この数年間で完成形に近づいています。

現在まで順調に進んでいます。

IEOした暗号資産でも、実際にはプロジェクトが幻想のこおtが多いですが、このプロジェクトはIEO 開始時点で既にプラットフォームプロダクトがある状況でした。

引用 Beatzcoin公式テレグラム発表資料より

⑥競合分析

競合はズバリYouTubeです。またデジタルコンテンツプラットフォームは競合になります。

以下の比較表がこのVibraVidプラットフォームの競合優位性を示しているものです。

引用 Beatzcoin公式テレグラム発表資料より

⑦Beatzcoinコミュティ

現在まだ、上場している取引所が少ないです。

逆に考えると、今後の上場で全世界に注目されていく可能性があります。

コミュニティグループは全世界各地にコミュニティグループがあります。テレグラムグループがメインです。

ソーシャルメディアへの露出も今後強化していく模様です。

引用 Beatzcoin公式テレグラム発表資料より

残念ながら日本にはBeatzcoinコミュニティがありません。

世界に比べると情報発信する人がおらず、普及にはまだ時間がかかりそうです。

実際にブログ書いたり、情報発信しているのは私ぐらい?

また、最新情報があればご紹介させて頂きたいと思います。

本日もご購読頂きありがとうございます。

QUOINEX

Liquid by QUOINEの公式サイトはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です