転職するならエージェント登録必須です!

転職の経験が豊富?の私です。ただ、一貫して同じ業界で、同じ職種なので参考にならないかもしれませんね。

今回様々な職種についてのエージェントをご紹介させて頂きます。

それぞれの業界に合わせてエージェントを選択する必要があります。

ほとんどが無料で登録出来るので、登録をおススメします。

何度もエージェント登録して利用させて頂きましたが、エージェントも登録者が内定もらって、転職して、継続して勤務してもらわないとマージンが貰えない仕組みになっているのです。

だから、必死でサポートしてくれます。採用にならないと利益出ないんですから。笑笑

①営業職に特化したエージェント

営業職特化の求人サイト【いい求人net】

②期間工に特化したエージェント

期間工急募【JOBPAPER】

③エンジニアに特化したエージェント

エンジニアのIT/WEB業界転職は【サポーターズキャリア】

④中高卒のためのエージェント

中高卒が目指せる優良企業への転職サイト リバラボキャリア

⑤IT.WEBに特化したエージェント

IT・Web・ゲーム業界のエンジニア転職なら【Tech Stars Agent】

本当に様々なエージェントありますよね。

今回ご紹介したエージェントはごく一部です。

転職の目的と希望する業界に強いエージェントと取り組む事が転職の第1歩です。

転職は不安もありますけれど、エージェントは頼りになります。

給料や年収の交渉もしてくれますし、履歴書や職務経歴書の添削、面接の練習など、サポートは多岐に渡っています。

しかも登録無料で、サポートも無料でしてくれるので絶対利用しないとダメです。

転職をお考えの方は是非登録して、転職活動頑張って下さい。

なんとかなります!

本日もご購読頂き誠にありがとうございました。

ビットコインとアルトコインの連動

暗号資産の基軸通貨はビットコインです。

ビットコイン以外の暗号資産をアルトコインと呼び、ビットコイン以外のコインという扱いです。

引用 コインチェックチャート画面より

ビットコインは今朝方急落しました。約10万ほどの下落です。

アルトコインの価値は基本的に対ビットコインで計算される事がほとんどです。

ビットコインの価値でアルトコインはいくらと判定されます。

その理由がどうかはわかりませんが、ビットコインと逆相関するアルトコインは今のところ見受けられません。

リップルがその動きを見せたこともありましたが、ほとんどがビットコインに連動した価格推移をみせています。

例えばNEMの価格推移を見てください。

引用 コインチェックチャート画面より

リップルも

引用 コインチェックチャート画面より

モナコインも

引用 コインチェックチャート画面より

チャートを見る限り価格連動してしています。

暗号資産が上昇していくには、基軸通貨であるビットコインの価格が上昇しない事にはダメだと言うことだと思います。

通貨ペア充実の”DMM FX”!

これだけビットコインと同様の動きをしている間は、暗号資産の氷河期を脱出したとは言えないと感じています。

今後の値動きに注目しています。

本日もご購読ありがとうございました。

ウォーレンバフェットとトロン創業者のジャスティンサン氏がディナー‼️

昨年度に実施予定であった、ウォーレンバフェット氏企画のチャリティーディナーが実現した模様です。

引用 ジャスティンサン氏 公式ツイッターより

今回は、事前にジャスティン氏からの宣伝がなかったため、とてもびっくりしました。

いつも、発信する事が多く注目される事が多かったのですが、批判される事もあり、最近は発信を控えておられました。

引用 ジャスティンサン氏 公式ツイッターより

今まで仮想通貨や暗号資産について否定的な立場を貫いてきたウォーレンバフェットが最初に手にしたアルトコインがトロンtrxであったという事です。

このTRXはジャスティンからバフェットのSamsungウォレットに送金されたようです。

その送金スピードに感銘を受けた様子。

こらから暗号資産のネガティブなイメージが変わっていく予感がします。

引用 トロンファンデーションJAPAN公式ツイッターより

BTTや win.usdtのトロンも同時にバフェットのウォレットにあるようです。

引用 ニトロンサミット公式ツイッターより

また、昨年のサンフランシスコでの二トロンサミットが今年は今月ソウルで行われる予定です。

その関係もあるのか、Samsung携帯にウォーレンバフェットのウォレットを作成したという事なのでしょうか?

現在のトロン価格も急上昇しました。

これからさらに期待がもてる暗号資産です。

本日もご購読ありがとうございました。

博士号を取って、理容師に言われた事。

いつも髪を切ってくれる、個人経営の理容室での会話。

著者撮影 トイプードル

いつも、愛想よくたわいもない会話をしているマスター。

ふとしたことから、会話の流れでサラリーマンしながら博士号取得した話になりました。

その、マスターは高卒で理容師の世界に。

そして、成功して一国一城の主人となっておられます。

そのマスターから

「博士号なんか取って何か役に立ちますの?」

とよく聞く、博士号持っているというと必ずといっていいほど聞くフレーズ。笑笑

なんの知識も持たない人からの痛烈な一撃。笑笑

私「まあ、博士号なんて足の裏の米粒みたいなものですわ笑笑」

と切り返し。

気になるけど食えない

心の中でのつぶやき

「いやいや、高卒で勉強する事から逃げた方に博士号取得の辛さ言っても理解できないでしょ?逆に私も理容師になる苦しさわからないのと同じようにね。」

と言いたい気持ちを抑えながら髪をセットしてもらいました。笑笑

でも、博士号とった事を伝えると必ずとこのような言葉を投げつけてくる人が多い事。

「博士号とって意味あるの?」とか

どう切り返せばよいのかよくわかりません。いつも心の中で葛藤してます。

苦労した事言っても、博士号の価値を伝えても無意味ですし。博士号取る意味は自分だけしかわからないものかもしれません。

まあ、高い山を登った人だけが見える世界なんでしょうけど。

悪気あるわけではないのでしょうが、少し残念な気持ちにはなります。

少しでも登ろうとした人には理解してもらえるんですけど。

このブログにたどり着いた方はおそらく、そのような偏見?とも立ち向かう必要あります。

私の場合は運良く博士号取れたので言えますが、単位取得退学とかになると辛いかもしれません。

最後までやり抜く強さが必要ですね。

本日もご購読ありがとうございました。

社会人大学院生のある一日(修士課程の場合)

社会人やサラリーマンで大学院に通うとなると、どのくらい時間が必要なのか?

毎日、どのようなスケジュールになるのだろうか?と心配になると思います。

そこで、私の修士課程時代を思い出して、1週間の行動スケジュールをご紹介させて頂きたいと思います。

著者撮影 九州の篠栗

これから紹介の中で出てくる講義科目は仮名です。大学院の授業がある土曜日からスタートしてみます。

土曜日

修士課程1年目は単位取得のため、土曜日はみっちり講義が入っています。

  • 6:30 自宅出発
  • 8:30 研究室到着 研究室メンバーと談笑
  • 9:00 1時限目の授業開始 マーケティング1
  • 10:45 2時限目の授業開始 財務諸表論
  • 12:15 お昼休憩 学内の食堂でメンバーと共に食事
  • 13:00 3時限目の授業開始 英語文献購読
  • 14:45 4時限目の授業開始 統計解析
  • 16:30 5時限目の授業開始 マーケティング
  • 18:15 6時限目の授業開始 人的資源管理
  • 19:45 授業終了、帰宅へ
  • 22:00 帰宅

日曜日

ゆっくりしたいところですが、大学院の課題がいっぱい。仕事の処理もいっぱい。

  • 8:00 起床 朝ご飯を食べる
  • 9:00 マーケティング1の課題レポート作成
  • 10:30 簿記の課題作成
  • 12:00 お昼ご飯を食べる
  • 13:00 息子と遊ぶ。外出し近くの公園へ
  • 14:00 車で近くのスーパーは買い物
  • 16:00 お昼寝
  • 17:00 会社の申請書類や、報告書類作成作業開始
  • 18:00 夕食を食べる
  • 19:30 息子をお風呂に入れる
  • 20:30 統計解析の課題レポート作成
  • 22:00 修士論文作成のための文献検索
  • 2:00 就寝

月曜日ー金曜日

月曜日から金曜日までは、大学院に夕方行くパターンとそうでないパターンの二つです。

①大学院に行かない時の行動パターン

  • 6:00 起床 朝ご飯を食べる
  • 7:00 自宅出発
  • 8:00 取引先訪問
  • 9:00 取引先訪問
  • 10:00 会社出社 内勤作業、報告書類作成、 得意先訪問準備
  • 11:00 会社より得意先訪問開始
  • 14:00 昼食を食べる
  • 15:00 得意先訪問
  • 16:00 得意先訪問
  • 17:00 得意先訪問
  • 18:00 得意先訪問
  • 19:00 得意先訪問
  • 21:00 帰宅、本日の稼働記録入力、送信
  • 21:30 夕食を食べる
  • 22:30 就寝まで、大学院の課題作成

②大学院に行く平日のパターン

  • 6:00 起床 朝ご飯を食べる
  • 7:00 自宅出発
  • 8:00 取引先訪問
  • 9:00 取引先訪問
  • 10:00 会社出社 内勤作業、報告書類作成、 得意先訪問準備
  • 11:00 会社より得意先訪問開始
  • 14:00 昼食を食べる
  • 15:00 得意先訪問
  • 16:00 得意先訪問
  • 17:00 得意先訪問
  • 17:45 大学院訪問 研究室
  • 18:15 6時限目の授業を受講
  • 20:15 ゼミの指導教授と修士論文の指導受ける。夕食とる時もあり。
  • 22:00 大学院より帰宅へ
  • 24:00 帰宅
  • 2:00 就寝

このような生活パターンが二年続きます。笑笑

かなりハードで、土日の出勤もある会社でしたので、土曜日が潰れて大学院に行けないと6回分の講義参加出来ず、さらにその課題レポートも溜まってしまうという悪循環になります。

これに期末にはそれぞれのテストがありますので、テスト勉強もしなくてはなりません。

無駄な時間は少しもないという事です。

いかに昼間の仕事を素早く片付けるか?

会社だけの生活でも時間がないと思っていたら、社会人大学院生はそれの倍時間がありません。

大変です。本当に

サラリーマンや社会人から修士課程を目指される方はその時間の有効活用を考えて入学されることをオススメします。

本日もご購読頂きありがとうございました。

春節とビットコイン 追記(1月29日)

新型コロナウイルスが猛威をふるいそうな今日この頃。

春節の期間は中国全体がお祭り騒ぎです。

今年は1月24日か30日までの期間

著者撮影 ANA wingsより

春節の期間は暗号資産の動きはどうなるのでしょうか?

毎年、春節に入る前に高騰して、春節に入ると下落するのが通例の気がします。

やはり、春節期間は移動したり、人に会って会食したりと現金が必要になってくるので投資から回収するために暗号資産から引き上げたりするのでしょうか?

しかし、中国では暗号資産取引を正式には認めていないはず。

中国として昨年より、ブロックチェーン技術については促進する動きになっています。

人口が多いからだけに暗号資産への影響が今まで巨大でした。

中国がマイニング禁止とかなると暴落したり、相当ダメージを受けています。

昨年は、中国よりもアメリカがCMを開始するなど、影響力が増してきています。

著者撮影 ロサンゼルスより

日本はどうでしょう?

バイナンスとYahoo!との戦略提携が締結し、CMが再開すると暗号資産の氷河期も終わるような気がします。

それまで、待つしかないですね。笑笑

本日もご購読ありがとうございました。

1月29日追記

春節も終わりそうですが、ビットコインの価格はどうなったのでしょうか?

著書撮影 ビットコイン価格の推移(1月29現在)

今回春節期間中にビットコイン上昇が見られました。

また、アルトコインの上昇も見られており、今後楽しみになっております。

本日もご購読ありがとうございました。

stellar本日より過去にビットコインをコインチェックに保有していた人にエアドロップされる

2017年6月にコインチェックにてビットコイン保有していた人にエアドロップ分の配布を行うとの事です。

引用 著者撮影 コインチェックホームページより
引用 著者撮影 コインチェックホームページより

順次配布されるとのことで、ウォレットないの取引履歴を確認すれば良いとのことです。

引用 著者撮影 コインチェックホームページより

今、バイナンスとYahoo!参加のTAOTAOの提携交渉がスタートする等、暗号資産の動きが活発になってきています。

休眠口座も多くてあると思われますが、ログイン出来ない方々が多いようで、ログインの仕方を再度アナウンスしている暗号資産取引所もありました。

日本人の暗号資産投資家が動き出しているのかもしれません。

その理由としては、日本人が多くもつモナコインが爆上げしているからです。

引用 著者撮影 コインチェックホームページより

暗号資産全体が上昇している状況です。

ただ、毎年この時期は上昇と急落かあるので注意が必要です。

特に中国の春節前後は乱高下あります。

本日もご購読ありがとうございました。

金融庁の規制によりVALUトークンの存続に影響を与えている

令和2年1月14日に金融庁より資金決済法改正の内閣府令案等の公表により様々な方面で重要な変革を求められているようです。

以下コインテレグラフのツイッター記事からもVALUがトークンの売買業務の継続を断念するとの対応を示しているようです。

引用 コインテレグラフ記事より
https://jp.cointelegraph.com/news/valu-gives-up-to-continue-sell-and-buy-service
引用 コインテレグラフ記事より
https://jp.cointelegraph.com/news/valu-gives-up-to-continue-sell-and-buy-service

折角の新しいサービスも日本ではなかなか浸透しない仕組みになっているのではないでしょうか?

今、日本は経済大国かとは言えない状況になりつつあり、新しい産業や、新しいイノベーションを育てて行く土壌が必要と思います。

新たな風を起こす人々の支えになって欲しいと思います。

たしかに、消費者保護は大切ですが、あまりにも締め付けが厳しいように感じます。

以下、今回の方向転換を迫られた金融庁からの公表内容の一部を引用しています。

引用 金融庁ホームページより
https://www.fsa.go.jp/news/r1/sonota/20200114/20200114.html
引用 金融庁ホームページより
https://www.fsa.go.jp/news/r1/sonota/20200114/20200114.html
引用 金融庁ホームページより
https://www.fsa.go.jp/news/r1/sonota/20200114/20200114.html
引用 金融庁ホームページより
https://www.fsa.go.jp/news/r1/sonota/20200114/20200114.html

上記金融庁ホームページにもありますように、2月13日までにパブリックコメントを募集しているようです。

是非、ご意見送信頂ければと思います。像に蟻が立ち向かうようなものでしょうけど笑笑

まだ、詳細について勉強しなくてはなりませんが、コインテレグラフさんの記事がインパクトありました。

本日もご購読頂き誠にありがとうございました。

トロンウオレット内でTRX(トロン)をBTC(ビットコイン)に交換する方法

AppStore からダウンロード出来る暗号資産ウオレットがトロンウオレットです。そのウオレット内でビットコインに変換出来る分散型取引所が装備されています。

実際にビットコインへの変換がわからなかったのですが、今回トロンからビットコインへの変換が出来ましたので、その際のスナップショットを撮っていましたのでご紹介させて頂きたいと思います。

この機能があれば暗号資産取引所不要になるかも知れませんねー。

①トロンウオレットの下にあるSマークをクリックすると以下の画面が出てきます。

著者 撮影 自己ウオレット内スナップショットより

②今回はトロン1000枚分をビットコインに変換してみたいと思います。基本的に1000TRX以上の枚数が必要のようです。

上記の画面で数字を選択して1000枚を入力します。

すると以下の画面上に記載あるように、you payが1000とあります。

そして、その交換が行われるとビットコインが0.00124440枚のビットコインになる見込みであることがわかります。

著者 撮影 自己ウオレット内スナップショットより

③今回1000TRXを交換しようとするとその変換手数料として5.5TRXが手数料として差し引かれるようです。

今回はその手数料を差し引いた994.5TRXが変換対象ということになるようです。

著者 撮影 自己ウオレット内スナップショットより

④そしてここがわからなかった部分ですが、その交換したビットコインをどこで受け取るのかという問題です。

元々ビットコインの入れる口座番号が表示されていないので指定が出来ませんでした。

ただ枠内をクリックするとメインアカウントと出るので、それを指定しておけば自己のウオレットに自動的に送金されてくることがわかりました。

著者 撮影 自己ウオレット内スナップショットより

⑤口座をメインアカウントとしてconvert nowをクリックすると完了です。

著者 撮影 自己ウオレット内スナップショットより

⑥すると上記のメッセージがでて確認出来ます。

その後トークンリストにビットコインが新たに出来るのかと思っておりましたが、間違いでした。

アカウント自体がトロンとビットコインと分けられておりました。ここがわからなかった点でした。

著者 撮影 自己ウオレット内スナップショットより

⑦ビットコインのアカウントを開いてみると以下のように変換したビットコインが入ってきました。

著者 撮影 自己ウオレット内スナップショットより

⑧その後再度アカウント選択画面に移るとビットコインの保有枚数がちゃんと反映されておりました。

著者 撮影 自己ウオレット内スナップショットより

以上、トロンウオレット内でトロンからビットコインに交換?変換?することの説明になります。

注意点としては

  • 1000TRX以上変換には必要
  • 変換後のアドレスを指定しなければなりません。メインアカウントを選んでおけばトロンウオレット内に保管出来ます。もしかするとバイナンスなどの口座アドレスを貼り付ければその口座に送金してもらえているのかもしれません。
  • トロンからビットコインへの変換作業は約15分程度は必要でした。即変換は不可能でしょう。ビットコインのトランザクションの問題なので。
  • 二つのアカウントが出来る。トロン口座とビットコイン口座
  • 今回交換作業する事により、新たにトロンウオレット内にビットコイン口座を持つことが出来ました。
  • 実際に1000トロンから変換にチャレンジするのが良いと思います。

以上で解説を終わります。

実際に変換してみて、このウオレットに将来性や拡張性を感じました。

このウオレットがあればQR決済も可能ですし、その決済にトロンやトロン派生のトークンだけではなく、ビットコインも利用出来るのであれば普及が早まると思います。

これはとても素晴らしい技術革新です。

本日もご購読頂き誠に有難うございました。

暗号資産yotuberが動画削除され始めている?その対策としてVibraVid分散型プラットフォームが注目されるかも?

最近、beatzcoinコミュニティやツイッターなどでYouTube動画が検閲により削除されるケースが増えているという事が話題になっています。

著者撮影 おねだりするトイプードル

勿論、YouTubeは今までも暴力であったり、違法行為など公序良俗に反する動画は検閲の対象だったと思います。

健全な動画配信を推進していると認識しています。

そんな中、暗号資産のインフルエンサーでありYouTuberのフリップMASAさんが以下の動画にてYouTubeの暗号資産関連の動画が、海外で削除され始めているという内容の動画をアップされています。

引用 https://youtu.be/gFmHGdPQ1dgより

仮想通貨YouTuberが消えていくという題の動画です。

衝撃的なタイトルになっています。

特に海外の仮想通貨YouTuberから暗号資産に関連する動画が削除され始めているとの内容です。

引用 https://youtu.be/gFmHGdPQ1dgより

実際、私も暗号資産やブロックチェーン普及するためにYouTubeで動画もアップしています。

引用 https://www.youtube.com/channel/UChwn7Cq4NkYjZQqd_wpdFGA

暗号資産やブロックチェーンについては危険なものでも、公序良俗に反するものでもありません。

その普及するのに関連する動画の削除はとても寂しい事だと思います。

フィリップMASAさんも動画の中で、中央集権の、管理システムに問題あるのでは?とのコメントをされています。

解決策としてVibravid分散型プラットフォームがあります。

VibraVidについての詳細は私のブログ内で記載しています。ご覧頂ければ幸いです。

言論の自由を確保する事はとても大切な事です。

このような検閲や言論の自由を守っていくためにもVibraVidの普及が欠かせないと感じています。

中央集権から分散型管理へ

本日もご購読頂き誠にありがとうございました。